top of page
hoaf_logo_white.png

HIBIYA OKUROJI ART FAIR 2024
03.07 [Thu] - 03.10 [Sun], 2024

Visitor Information

会  場

日比谷OKUROJI G-13, G-14, G-15, H5など

東京都千代田区内幸町1-7-1

会  期

2024年3月7日(木)~ 3月10日(日)

3/7 12:00〜20:00 プレビュー
    ※12:00〜17:00 招待者のみ

    ※17:00〜20:00 オープニングレセプション
3/8 12:00〜20:00  一般会期
3/9 12:00〜20:00  一般会期
3/10  12:00〜18:00 一般会期

主  催

日比谷OKUROJIアートフェア実行委員会

会場協力

株式会社ジェイアール東日本都市開発


協  力
KAFEINA+/株式会社SOUTETSU/株式会社Funwow


協  賛

高橋酒造株式会社

後  援

千代田区

同時開催

アートフェア東京2024 [主催:アートフェア東京2024制作委員会]

423422622_1099479731240773_1216115536556288196_n.jpg
012_区道側E19エントランス(夕景).jpg

About

日比谷の奥にひそむ、大人のこだわりが集う高架下「日比谷OKUROJI」にギャラリーが集結し、ギャラリー主体の既存の形式にとらわれないアートフェアを開催いたします。

東京の中心地である日比谷・銀座の「奥」にあることに加え、高架下通路の秘めたムードを「路地」という言葉に置き換えることで命名された日比谷OKUROJIは、JR東日本(山手線、京浜東北線、東海道本線)と、JR東海(新幹線)が通る鉄道高架橋の下300メートルにわたる施設。1910年(明治43年)にベルリンの高架橋をモデルにドイツ人技師の指導のもと建設された象徴的な煉瓦アーチは、現役の高架橋としても日々鉄道の運行を支えています。


銀座、有楽町、日比谷、新橋などの個性的な街のどこにも属さず、各エリアのノード(結節点)となりうる可能性を秘めたロケーションと、114年もの歴史を湛えながら日々の交通網を現在進行形で支える姿は、まさに現代アートを発信していく場として最適と言えます。


垣根なく現代アートの面白さを伝える場を目指し、ギャラリスト自身の言葉で説明を聞けるギャラリーツアーを、1日2回実施します。「エマージング」セクションでは、ギャラリースペースを持たない独立したてのギャラリストや、既存ギャラリーのスタッフが自らの名でディレクションを行う、次世代の表現も紹介します。また個性的な飲食店の並ぶ日比谷OKUROJIと呼応するように、会期中は「モバイル茶室」を活用したカジュアルな茶道体験もお楽しみいただける試みを行います。

アートフェア東京と同じ会期で開催とし、東京国際フォーラムから徒歩の周遊が可能。日比谷OKUROJIの公式コピーのとおり、「通な大人たちが何かを探し求めたくなるようなワクワク感とともに、深いこだわりと100年の歴史が潜む、ひそかな穴場感」を体感いただけるアートフェアに、是非ご期待ください。

Exhibitors

Galleries Section

1_FINCH ARTS_rogo - SAKURAOKA SATOSHI.png
kkg_yoko.png
ttga_logo.png
harmas_logo.png
logo_POETIC SCAPEonly.png
TAVロゴ完成.png
8_WATOWA logoくり抜き.png

Emerging Section

FIX_galleryMERROW_logo_220929 - 細木万里子.png
square_medium_85b190849a-picture_1606805232.jpg

TATSURO KISHIMOTO

328855441_3410997482552387_175780134764782142_n - コタニカオリ.png

Events

[ アートバリスタサービス「KAFEINA+」(カフィーナプラス)

KAFEINA+.png

■実施日時:
2024年3月7日(木)15:00〜18:00 ※招待者のみ

 

マレーシア在住のアートコレクター、カーリル・アブ・ベーカー氏が2017年より実施しているプロジェクト。

 

様々なミュージアムやギャラリーのオープニング、コレクターズナイトなどのアートイベントでハンドドリップのコーヒーを振る舞い、五感全てがリラックスした状態で最大限にアートと社交を楽しめる場をつくりだしています。

 

直近の活動に、Petronas Gallery(ペトロナスギャラリー、クアラルンプール)、Jalak Art Initiative(ジャラク・アート・イニシアチブ、セランゴール)等。日比谷OKUROJIアートフェアでのサービスは、国内初の事例となります。

[ 「SOUTETSU(ソウテツ)」モバイル茶室体験 ]

SOUTETSU_1.jpg

■実施日時:

2024年3月7日(木)  16:00〜20:00 ※招待者のみ
2024年3月9日(土)  14:00〜18:00(体験1000円)
2024年3月10日(日)
14:00〜18:00(体験1000円)

アート作品とコラボレーションした、わずか二畳でつくられる移動式の「モバイル茶室」にて、表千家講師(田中宗哲)をはじめとした茶道家が目の前で点てたお抹茶を、リラックスした雰囲気のなかで味える体験イベント。日本の伝統文化である表千家茶道の一期一会の茶席を、アートと共にカジュアルな形でお楽しみ頂けます​。

SOUTETSU_2.png

[ ギャラリーツアー ]

ガイドツアー.png
スクリーンショット 2023-09-28 16.09.12.png

■実施日時:
2024年3月8日(金)  18:00
2024年3月9日(土)  14:00/17:00
2024年3月10日(日)14:00/17:00


各展示スペースをコンパクトな作品解説付きで周遊できる「ギャラリーツアー」を開催いたします(各回60分程度・参加費無料)。参加希望者は開始時間5分前を目安に、日比谷OKUROJI内設置の「GALLERY TOUR」のぼり旗(画像参照までお越しください※入場チケットは必要となりますのでお気をつけ下さい

 

ツアーガイド:あづまっくす(アートプラクティショナー/東 孝彦)
 

美術館でのボランティアや、画廊巡りのガイドツアーといった美術の現場で、鑑賞する楽しさを伝えるアートプラクティショナー。美術出版社が実施している美術検定一級、アートナビゲーター。美術作品を前にしたとき言語化できない感情をレゴブロックで表現するワークショップも過去に開催。日比谷OKUROJIアートフェアの初回開催時から担当するギャラリーツアーは、初めてアート現場に足を踏み入れた方にも作品の面白さがわかる!と定評を集めている。

[ 限定トートバッグ ]

ArtFairTokyo_2024-1200x647.jpg

2024年の限定トートバッグは、「平静、知性、平和、共生、俯瞰、シームレス、移り変わる色」などのメッセージを込めた「ハロー!ブルー」を基調としたデザイン。

会場のみの限定販売(税込1000円)となります。

 

■特別割引:

下記いずれかに該当の方は

特別割引(税込1000円→税込500円)にてお求めいただけます。

会場にてスタッフにお声掛けください。

(KANA KAWANISHI GALLERYスタッフが対応いたします)

 

  1. アートフェア東京2024チケットをお持ちの方

  2. ギャラリーツアーにご参加いただいた方

 

※数に限りがございます(販売終了の場合はご了承ください)

※通販予定はございません

023_中通路_edited.jpg

Access

日比谷OKUROJI

東京都千代田区内幸町1-7-1

JR有楽町駅/日比谷口...........徒歩6分

JR新橋駅/日比谷口................徒歩6分

東京メトロ銀座駅.........................徒歩6分

東京メトロ日比谷駅....................徒歩6分

都営地下鉄内幸町駅.................徒歩5分

>>日比谷OKUROJI公式サイト

Contact

送信ありがとうございました

bottom of page